POSシステムを導入すれば仕事があっという間に片付く

男性

POSのあるお店

ネットワークを通してレジの情報を管理できる仕組みが用いられています。タブレットによっても利用することができ、利便性の高さに繋がっています。レジの混雑を解消するセルフレジの存在も魅力です。

食器

低価格でデザインが豊富

業務用食器はコストパフォーマンスに優れていることから、さまざまな飲食店などで採用されています。単調になりがちなデザインも、細かな部分へのこだわりによっておしゃれでスタイリッシュに仕上げられているのが最近の業務用食器です。

レジスター

レジで情報収集

posレジは、販売時点での「いつ、何が、いくらで、何個売れたか」を正確にデータで管理できるシステムです。そのため、人的コストの削減と作業の効率化が見込めます。大きく分けて、pos専用機、汎用タブレット端末、多機能タブレット端末の三種類があり、それぞれかかるコストと向いた業種に違いがあります。

POSによる店舗管理法

レジ

集計の手間を大幅に軽減

現在、店舗ビジネスにおける販売管理に欠かせないものとなりつつあるのが、POSシステムです。以前は大がかりな設備投資が必要でしたが、現在では簡易なものであれば個人商店などでも手軽に導入できるようになっています。POSシステムが普及する前の店舗にあっては、レシートの控え・手書きのメモ・伝票・チケットの半券など、手段はどうあれ売上高の集計は手作業で行っていました。そのため、営業時間終了後の計算事務に相当な手間を取られていました。これに対してPOSシステムでは、バーコードの読み取りなどによって売上が発生した都度それを自動的に記録し、コンピュータ内に蓄積します。そのため、集計作業を大幅に効率化することができます。飲食店など商品にバーコードが付けられない店舗にあっては、タッチパネルを使った入力も可能です。ちなみにPOSシステムのPOSとは、「販売時点」という意味の英語であるPoint Of Salesの頭文字を取ったものです。このデータは、売上高の合計を算出する以外の目的にも活用することができます。というのも、売上を記録する際、商品名や日時なども同時収録できるからです。これを利用すれば、商品ごとの販売数を簡単に集計し、在庫管理に生かすことができます。当然、仕入業務の参考にすることも可能です。また、曜日ごとの売れ行きや時間帯ごとの売れ筋商品の変化などを把握することで、棚の陳列を工夫し、売上アップを図るといった使い方もできます。