POSシステムを導入すれば仕事があっという間に片付く

レディ

レジで情報収集

レジスター

売上管理と作業の効率化

posとは、「point of sales」の略です。これを日本語にすると、「販売時点情報管理」と訳されます。ですから、posレジというのは、支払いが発生した時点での販売情報を管理する機能を有したレジ、ということになります。このレジの優れている点は、レジを通した時点で何が何個売れたのか、値段や時間もデータとして記録できるという点です。ポイントや会員カードのある店舗なら、更に顧客情報を加えて、どんな客層に何が売れたのかといったデータを集めることもできます。このposレジには、大きく分けて3種類あります。pos専用機、汎用型タブレット端末にソフトやアプリをインストールするもの、そしてその中間の多機能タブレットを使用するものです。そのうち、最もコストがかかるのは、設備の設置工事やシステムの構築費用が必要なpos専用機です。このタイプは、特に小売店向けの機能が充実しているのが特徴で、典型例がスーパーなどのセルフレジです。それに対し、最も安価なのが、汎用型タブレット端末を使うタイプです。こちらは基本的にアプリをインストールするだけなので設備投資も必要なく、アプリ自体も無料のものがあります。手軽な反面、機能が限定されるので、個人商店や小規模店舗向けなのが特徴です。そして、その中間が、pos用の多機能タブレット端末となります。このタイプの特徴は、ソフトとハードの組み合わせで多様な業態に対応でき、オーダーシステムなどと連携も可能なため、飲食店向けという点です。機器の用意は必要ですが、pos専用機よりは安価です。