POSシステムを導入すれば仕事があっという間に片付く

レディ

POSのあるお店

タブレット

POSとは

そもそもPOSとはお客様との金銭のやり取りをレジスターを通して本社のコンピューターに管理蓄積する機能をもったレジのことです。レジ自体がネットワークに繋がることで販売情報が集約され、お店ごとの販売傾向を把握し売り上げを上げるために導入されました。元々大手の小売チェーンや外食チェーンが導入していましたが、今では小規模店舗でもタブレットを使用してデータ解析を行い売り上げの改善を図る例も出ています。POSのメリットはいつ、何が、何個で、いくらで、どのようなお客様に販売されたか正確にわかることです。パソコンやタブレットに集約されたこれらのデータを使うことで、その店舗の天候や時候による客層の変化の傾向を読み取れます。さらに、それらに合わせて発注を行うことで在庫管理のコストを抑制できることがあげられるのです。従来のレジでは金額や部門を全て手打ちする手間があり、打ち間違いなどのミスもありましたが、商品のデータベースを用意しバーコードスキャナーとタブレットを組み合わせることで打ち間違いなく大幅に接客の時間も減らせました。それに伴い経理、会計の人的コストの削減にも繋がり、店舗経営、企業運営で大幅に無駄を省くことができます。特に最近はタブレット型のPOSレジも導入する店舗が増えました。凡庸のタブレットに特定のアプリをインストールするだけでネットに繋がるレジに変えることができます。来店客が自分で商品のコードをバーコードで読み取り会計をするセルフレジは、レジ待ちの行列の解消に大きく繋がりました。